大阪市 水・環境ソリューション機構ホームページ ホーム go to vietnamese page go to english page トップページ

■大阪市とサンクトペテルブルク市の上下水道分野の覚書に基づく技術交流セミナーが現地で開催されました。

 大阪 水・環境ソリューション機構(以下、機構)では、構成団体である大阪市建設局、水道局とサンクトペテルブルク市にて締結されている「上下水道分野での技術交流に関する覚書」に基づき、サンクトペテルブルク市で開催された上下水道技術交流セミナー開催等の現地調査に関して、支援を行いました。
 平成29年2月14日、大阪市では、ロシア・サンクトペテルブルク市において、サンクトペテルブルク上下水道公社(ボドカナル)と下水道技術に関する技術交流セミナーを開催しました。
 今回のセミナーは、JETRO(独立行政法人日本貿易振興機構)の共催で開催され、サンクトペテルブルク上下水道公社及び周辺都市の下水道事業担当者、約60名の参加がありました。セミナーは、大阪市建設局の岡ア理事、サンクトペテルブルク上下水道公社のアレクサンドル・ダニロフフ第一副社長の挨拶から始まりました。その後、大阪市側から大阪市における窒素、リン対策の説明をそれぞれ行ったあと、サンクトペテルブルク上下水道公社側からサンクトペテルブルク市の上下水道システム、日本の民間企業(Sekisui SPR B.V、(株)堀場製作所)からのプレゼンテーションを行いました。セミナーでは、質疑応答や意見交換等が熱心に交わされ、本市の施策や日本技術に対してのサンクトペテルブルク市からの高い関心が示されました。
 平成29年2月15日にはボドカナルとのワーキンググループ会議を開催しました。ワーキンググループ会議では、テーマを「汚泥の有効利用」及び「下水処理の消毒」について意見交換・情報共有を行いました。サンクトペテルブルク上下水道公社からは、本市の汚泥の有効利用方法について、強い興味が示されました。また、次回のワーキンググループ会議を大阪で開催されることに関心が示されました
 また、平成29年2月16日にはサンクトペテルブルク市との意見交換も行い、上下水道分野について今後も引き続き協力することを確認し、それ以外の分野に関しても今後交流を深めることの可能性について話し合いを行いました。
 今後とも、官民連携により、海外の水・環境問題への貢献、大阪・関西企業の海外展開を支援することにより、地域経済活性化につながる活動を進めていきます。

 

技術交流セミナー 岡ア建設局理事からの挨拶
技術交流セミナー
岡ア建設局理事からの挨拶
 
ワーキンググループ会議
ワーキンググループ会議
     
現場視察(北部下水処理場)
現場視察(北部下水処理場)
 
現場視察(水クラスター)
現場視察(水クラスター)